クラウドの普及とネット生活の変化について

>>

現状と今後

一般企業でも、クラウドコンピューティングを導入しているところは、着実に増えてきているということができます。
しかし基幹の部分については、まだ社内で導入をして、システム利用をするスタイルの方が主流になっています。
既存のシステムにゆだねるということに対して、信頼性の部分でまだ何があるということが関係しているのでしょう。
もしも問題が発生した場合には、きちんと当事者が集まって、再発防止をするには津すればいいかということについて、真剣に検討をする必要もあります。
クラウドコンピューティングですが、企業が基幹部分を任せられるほどの信頼性を持っているとは言い難いというのが現状です。
障害を発生する可能性をゼロにすることは難しく、できるだけ速やかに回復することに専念をすることで対処するしかありません。
もしくは、ペナルティーの一環として、利用料金を返金することで対処をしているところもあります。
今後クラウドコンピューティングが企業で普及するためには、短期戦術的なアプリケーションからどんどんと普及していくことが予想されています。
短期戦術的なアプリケーションであれば、基幹部分と比較すると、信頼性について多少緩やかでも問題はありません。
このためクラウドコンピューティングでアウトソーシングをすることに対して、あまり抵抗はないはずです。
自前主義ですべてシステムを構築するのがそれまでの一般的な考え方でした。
しかし今後はゼロとはいかなくても、自前主義は、かなり少なくなっていくと思われます。

Copyright (C)2018クラウドの普及とネット生活の変化について.All rights reserved.