クラウドの普及とネット生活の変化について

>>

普及度について

ところで、クラウドコンピューティングが注目されているといわれていますが、実際にはどのくらい普及をしているものなのでしょうか?
クラウドコンピューティングの普及ということを想定した場合、消費者向けと一般企業向けということで、分割してみていく必要があるでしょう。
消費者向け市場についてですが、クラウドコンピューティングはすでにかなりのレベルのところまで実現しているということができるでしょう。
私たちの生活には、ケータイはかなり普及してきているということができます。
ケータイ向けのマーケットの中においては、クラウドコンピューティングの世界はほぼ、実現できているという風にいってしまってもいいでしょう。
ケータイを利用するときに、サーバーの存在を意識して利用している人は、果たしてどれだけいるでしょうか?
そのように考えただけでも、雲の中を考える必要のないクラウドコンピューティングは実現できているということができると思われます。
一般企業についてが、確実に普及してきているということができるでしょう。
特にSaaSなどは、かなり企業にも普及してきているということができます。
しかし一般企業については、特に大企業については、オンプレミス型といわれますが、システムを社内で導入して利用するという形をとっているところが多いことも事実です。
特に企業にとって、根幹をなすところについては、オンプレミス型の運用が主流ですし、しばらくはそのままの状態で続くことが予想されています。

Copyright (C)2018クラウドの普及とネット生活の変化について.All rights reserved.