クラウドの普及とネット生活の変化について

>>

中身の構成

一種の雲のような役割をクラウドコンピューティングは果たしているといわれています。
実際にクラウドコンピューティングを利用するときには、実態はどのようなものなのかについては、詳しく知る必要はありません。
しかしこの「雲の中身」というのはいったいどのようなものなのでしょうか?
雲の中身についてですが、サービスを提供する側は、きちんと把握をしておく必要があります。
クラウドコンピューティングの雲の中身についてですが、3つの階層によって構成されていると思ってもらえばいいでしょう。
この3つの階層ですが、クラウドアプリケーションとクラウドサービス提供層、そしてクラウドの基盤となる層の3つの層によって構成されています。
基盤層というのは、サーバーやストレージのハードウェアの機能を提供しているところということになります。
データセンターを使っての堅牢な運用というものが求められる層ということにもなるでしょう。
クラウドサービス提供層ですが、クラウドにあるアプリケーションを提供するための基本的なサービスを提供しているところということができるでしょう。
その上にクラウドアプリケーション層というものがあると思ってください。
これは、エンドユーザーが利用することができるようなアプリケーションを提供している個所ということになります。
ちなみにSaaSは有名と思われますが、このクラウドアプリケーション層を構成しているものと考えてください。

Copyright (C)2018クラウドの普及とネット生活の変化について.All rights reserved.