クラウドの普及とネット生活の変化について

>>

Web 2.0との関係

過去にいろいろな手法のものが登場してきたと言えます。
SaaSもあれば、オンデマンドコンピューティングもありました。
ほかにもユビキタスコンピューティングという手法も過去には登場したこともありました。
ちなみに今紹介をしたものすべてが、クラウドコンピューティングの中の一つのジャンルということができるでしょう。
このようないろいろなシステムを包括的にあらわしたものを、アンブレラタームという風に呼ぶことがあります。
クラウドコンピューティングは、アンブレラタームという位置づけになることを理解しましょう。
そうなってくると、同じアンブレラタームという意味でいうと、クラウドコンピューティングは、Web 2.0に近いということができるでしょう。
Web 2.0と細かなところで比較をすると多少異なるところもあることはあります。
しかしシステム的には、非常に両者は近いところにあるということができるでしょう。
またWeb 2.0というアンブレラタームがあることは、非常に重要な意味もあります。
というのも、クラウドコンピューティングだけでは、実際にどのようなものなのか、なかなか実態を把握することは難しいでしょう。
しかしWeb 2.0というアンブレラタームがあることによって、どのようなトレンドがネット社会の中で起きているのかを容易に把握することが可能です。
クラウドコンピューティングの今後果たす役割も、Web 2.0に近いものがあるでしょう。

Copyright (C)2018クラウドの普及とネット生活の変化について.All rights reserved.